参加者の声 「消化管エコーハ…|新着情報一覧

参加者の声 「消化管エコーハンズオンセミナー」

文字サイズ
  • 大きめ
  • 標 準

参加者の声 「消化管エコーハンズオンセミナー」

医師

参加者の声 「消化管エコーハンズオンセミナー」

日常診療に生かすために参加しました。これまで腹部エコーの本は5冊以上買いましたが、全く診療に生かすことができませんでした。
今回、実際に、どのような角度で、どのくらいの強さで、何を目印に目的臓器を探すかを教えていただき、本当によく理解できました。教科書と違い、実際にどのようにみえるのかが分りました。今後も日々練習して腕をみがきたいと思います。被検者も2人おり、個人差も理解できました。

医師(小児科)

参加者の声 「消化管エコーハンズオンセミナー」

臨床で困っている。幽門、十二指腸、虫垂の描出技術改善を目的に参加しました。
丁寧に実際のエコーと患者で指導していただいたので、現場で一人で経験を重ねながら実践していけそうです。目的に合った指導をしていただけたので、とても勉強になりました。

医師(小児科)

参加者の声 「消化管エコーハンズオンセミナー」

講師の熟練の技を拝見して、大変感銘を受けました。
普段、100名程の小児患者を忙しく診察しているので、中々診療技術の向上が得られず、今後このようなセミナーを積極的に受けていきたいと思いました。

医師

参加者の声 「消化管エコーハンズオンセミナー」

各臓器ごとのプローベの操作方法や描出方法、正常解剖などを学ぶことができました。
各部位どうしのつながり、動きをリアルタイムで見ることができ、非常に勉強になりました。

検査技師

参加者の声 「消化管エコーハンズオンセミナー」

今までずっと回盲部の同定がなかなかできずにいたのですが、プローブのあて方や圧迫の仕方、小腸をどかして、どういうふうに出すのか、コツをつかめたので、明日からの検査で実践してみたいと思います。

検査技師

参加者の声 「消化管エコーハンズオンセミナー」

上腹部は検査数が多いのですが、消化管については経験が浅く、不安解消のため受講しました。
圧迫の強さ、思いのほか画面上のサイズの小ささ等、実際にハンズオンで知ることができ、勉強になりました。

医師

参加者の声 「消化管エコーハンズオンセミナー」

消化管エコーは、腹部エコーを行う上で学習する機会がなかったので参加しました。
大変勉強になりました。腹部全体をエコーでチェックすることがある程度可能だと意欲が湧きました。(カーテ ンの間からもれる光が画面に反射して見づらかったので、配慮して頂けるとありがたかったです。)

検査技師

参加者の声 「消化管エコーハンズオンセミナー」

消化管のテキストを見たり勉強会に行っても、走査方法がよくわからず、ハンズオンセミナーで習得したいと思い参加しました。
他社のハンズオンに参加したこともありましたが、本日 想像以上のご丁寧なご指導で、実際に画像を出せたことが嬉しかったです(モデルさんは見やすいことは分かった上ですが、)。あさってから、ルーチンでやってみよう!と思いました。”消化管は難しい、見えない”という先入観が少しなくなったような気がします。実践してみます。個人病院なので技師一人でやっています。今度、ご質問させて頂くことがあれば、どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。

医師

参加者の声 「消化管エコーハンズオンセミナー」

救急外来でエコーを使っています。急性腹症等で虫垂炎、イレウス、腸重積等を検索したいのですが、消化管の描出(と評価)がいまひとつ上手くできません。できれば見方も含めて学びたいです。
今まで全然みえていなかった消化管の見方がとてもよく分りました。出来れば自分で描出した画像をいただきたいです。記憶に残りやすいと思いますので。

検査技師

参加者の声 「消化管エコーハンズオンセミナー」

消化管エコーが分らず、勉強する機会がなく、不安なため参加。
基礎からプローブを使ってしっかり丁寧に教えていただいて、やっと白紙の状態で分らない分らないという状態から抜け出せた気がします。帰って練習します。ありがとうございました。

検査技師

参加者の声 「消化管エコーハンズオンセミナー」

消化管のルーチン操作の基本を知りたくて受講しました。
胃のエコーは見るだけでは全く理解できていませんでしたが、今日の画像と走査法でだいぶ理解が出来ました。この感覚を忘れないように、毎日の検査で必ず施行していこうと思います。どうもありがとうございました。

検査技師

参加者の声 「消化管エコーハンズオンセミナー」

消化管エコーは、経験症例も少なく、不安なところが多くあったために受講させてもらいました。
実際に受講してみて、胃の出し方から、回盲部の出し方など、すごい分りやすく教えていいただき、とてもためになりました。日頃からのルーチン業務でもやっていきたいと思いました。

検査技師

参加者の声 「消化管エコーハンズオンセミナー」

消化管エコーのセミナーには行ったことがあるものの、やはり実際にやってみたいと思い参加しました。
先生方から丁寧な指導をして頂き、少し消化管エコーに対して自信がついた気がします。教わったことを活かして、すぐに明日にでもエコーを実践してみたいと思いました。

熊本県(医師)

今回CT、MRIのない環境での対応を要することとなったため、消化管の診断がある程度できるよう、エコーの修行中です。エコーのやり方と共に、頻度の高い疾患の講義があったのはありがたかったです。とてもわかりやすかったです。あとは練習します!

鹿児島県(放射線技師)

消化管エコーのスクリーニングと急性腹症の場合の見方を知りたかったので今回参加しました。消化管エコーの見方のコツや、何を目安に描出したらいいかなどを丁寧に教えてもらい、とても勉強になりました。帰ってからぜひ試して自分のものにしていきたいと思います。本日はありがとうございました。

北海道(医師)

とても勉強になりました!
Appe みつけるぞー!! という気になりました。
講師の先生もとても丁寧に教えていただき、はるばる来たかいがありました。

神奈川県(医師)

自己流で行っていた消化管エコーを系統的に勉強したく参加しました。
回腸末端~上行結腸を追っていく際のプローブ走査など、目からウロコのことが多かった。受講して良かったです!

長野県(医師)

自信を持って虫垂炎の診断ができるようになりました。
本ではわからない力加減やプローブ操作も非常に参考になった。

静岡県(医師)

必要に迫られ受講したが、救急で活躍する場が増えると思う。
これなら古い装置も買い換えようかと思案中・・。

千葉県(医師)

5人は”ゆったり”でき、よい。
回盲部だけの会があってもいいのでは・・

福岡県(医師)

大変有意義なレクチャー・ハンズオンでした。
今後の診察の役に立てるよう頑張ります。

岩手県(医師)

今まで目の前に見えていたものの意味がわかっていなかったようですね。これからは自信を持って診断できると確信しました。

埼玉県(臨床検査技師)

急性腹症の検査をすることが多いため消化管エコーをしっかりしなければと参加しました。
内容も素晴らしく、また楽しく受けられ大変満足です。明日からは自信をもって消化管に目を向けられるようになりました。ありがとうございました。

神奈川県(医師)

消化管エコーは、腹部エコーを行う上で学習する機会がなかったので参加しました。今回のセミナーは大変勉強になりました。腹部全体をエコーでチェックすることがある程度可能だと意欲が湧きました!

他にも紹介しきれない程たくさんの声をいただいております。
ご参加いただきありがとうございました!!

消化管エコーハンズオンセミナー

一覧へ戻る

カテゴリ
書籍・問題集・DVD販売 超音波セミナー 参加者の声 US-ism超音波セミナーからのお知らせ 超音波検査関連情報 超音波検査 所見用語・英単語・略語集① 超音波検査 所見 用語・英単語・略語集②