【問題集】医用超音波の基礎原理|新着情報一覧

【問題集】医用超音波の基礎原理

文字サイズ
  • 大きめ
  • 標 準

【問題集】医用超音波の基礎原理

【問題集】医用超音波の基礎原理

超音波検査士認定試験対策にも役立つ!
問題集「医用超音波の基礎」増補版

発売以来 大好評の「医用超音波の基礎」問題集です。新たに問題を増補し、全163問とさらに中身が充実。
超音波検査士認定試験の受験対策にはもちろん、装置の調節や適切な画像描出など、日常の検査でとても役立つ問題集です。

問題集の内容は次のとおり ^^

  • 音波の基礎
  • 超音波の生体内特性
  • 超音波診断装置の原理と調節
  • 超音波検査装置の分解能
  • アーチファクトとその対策
  • ドプラ法の原理と使用方法
  • 超音波の音響的安全性
  • 新しい技術とその応用
  • 書店では売っていないオリジナル問題集です

問題例

(問) 次のTissuue Harmonic Imagingモードの説明で、誤った記述の文章を選んでください。

A.THIモードにするとサイドローブの影響は少なくなる。
B.THIモードにしても、THIモードにしなくても距離分解能に変化はない。
C.超音波は媒質中を伝搬すると波形が歪む。
D.生体内での非線形特性により高調波が発生する。
E.THIモードでは送信周波数の2倍の周波数信号を受信するため、予め送信周波数を低めに設定する必要がある。

 

(問) STC(Sensitivity Time Control)について誤っている記述はどれですか。

A.TGC(Time gain compensation)と同じ意味である。
B.超音波の伝搬する距離に相当する時間に対して感度を調節することである。
C.浅い距離から深い距離までエコー輝度を一定のレベルにするために用いられる。
D.後方エコー増強に深く関わる。
E.音響陰影に深く関与する。

 

内容 全163問 各設問に詳しい解説付
付録 超音波の基礎 公式集・用語集
編集 西原 哲/飯塚 茂/鳥生 二呂
定価 ¥4100(税・送料込)
発行元 (株)US-ism、(株)クリニカルサポート

 

 

お申込みの流れ

ご購入のお申し込みされますとUS-ismより確認のメールをお届けします。内容をご確認いただき、お届けする指定銀行口座に問題集代金をお振込み下さい。代金のご入金が確認出来次第、問題集を発送いたします。

一覧へ戻る

カテゴリ
書籍・問題集・DVD販売 参加者の声 US-ismからのお知らせ 超音波検査関連情報 超音波用語・英単語・略語集① 超音波用語・英単語・略語集②